筋膜性疼痛症候群(MPS), トリガーポイント鍼・美容、筋膜リリース 群馬県前橋市 トリガーポイント治療院

プロスポーツ選手インタビュー

競輪選手 稲村成浩さんが当院の治療を受けられています!

前橋出身の競輪選手、稲村成浩さんが当院クライアントでいらっしゃっています。

IMGP1909

 

痛みやシビレを得意とするトリガーポイント治療ですが、筋肉の硬さが和らぎ関節可動域があがるのでスポーツ選手のパフォーマンスアップや「痛みまではいっていない違和感」などにも効果が高いです。

稲村選手に治療を受けた感想などをインタビューしたのでご覧ください!

 

 

質問:どういった症状で治療を受けに来られていますか?

稲村選手:自分の仕事柄、競輪選手なんですけど、筋肉の硬くなった状態と違和感と、腰の筋肉の引っ掛かり感が気になるので先生の所にお世話になりに来ました。

 

質問:当院のトリガーポイント治療と他の治療の違いは何かありますか?

稲村選手:先生に初めてトリガーポイントで鍼の治療をして頂いた時に、いつも違和感のある凝りの患部に直撃な感じで打った時はすごくだるい感じで重たくなるんですけど、僕の場合は次の日の朝は全然自分の体が別人になります。

 

質問:どういった時にトリガーポイント治療は良いですか?

稲村選手:ウェイトトレーニングの時とか自分の筋肉・関節の違和感があるままトレーニングしてしまうとそこが大きな故障になってしまうと思うので違和感・筋肉のつっぱり感があったら、早めの治療で中身の濃いトレーニングを心がけた方がいいと思います。

 

稲村選手はハードなトレーニング後に予約をしておくと、安心して追い込んだトレーニングが出来ると言われます(^O^)

治療後は関節可動域なども変化しますので、スポーツをされている方にも受けて頂ければと思います。