筋膜性疼痛症候群(MPS), トリガーポイント鍼・美容、筋膜リリース 群馬県前橋市 トリガーポイント治療院

鍼が初めての方、不安な方へ

鍼ってどういうもの?

初めて鍼治療を受ける方の一番強いイメージは

 

「痛そう…」

 

というものでしょうか。

当院では40%近くの方が「鍼治療を受けるのが初めて」という方です。

(※2014年の開院から2017年3月までの統計)

 

初めは皆さん不安で緊張されています。

「ハリ」とういうと注射のイメージが強いのだと思います。

 

一般的に注射針の太さは0.50㎜~1.20㎜ほどですが、

当院で鍼が初めての方に一番使用している鍼の太さは0.16㎜と細いです。

 

鍼

参考 木村裕明ほか:Fasciaリリースの基礎と臨床, 文光堂, 東京, 2017

 

さらに、注射針は先端がカットされていて刃物状になっていますが、

鍼は先端が鈍なペンシル型であるため組織へのダメージが少ないと言われています。

鍼灸の「鍼」と、予防接種や採血の時に使う「注射針」は違うんですよ〜!

 

 

どんな方が来ているのですか?

鍼灸治療院は「どんな症状の時に行ったらいいのか分からない」

という方も多いのではないでしょうか。

こちらをご覧ください。

主訴内訳

(クリックすると大きく表示されます)

 

当院に来院された患者さんの一番初めに訴えられた症状の統計です。(2014年9月〜2015年3月まで)

 

特に多いのは

「腰痛」「肩痛(こり)」「頚部痛(こり)」

となっています。

これは一般的にもメジャーな症状ですよね。

他にも、

膝痛、肘痛、指の痛みや

不眠・お腹の張り・冷え・花粉症・めまい・耳鳴り…

などの筋骨格系以外の症状にも効果があります。

元々、鍼灸は未病治を目的としています。

 

「最後の砦」的な存在に思われがちな鍼治療ですが、

一番大事なのは

ツライ痛みを放おっておかない!

これに限ります。

困った症状があれば、ひとりで悩む前に是非相談して下さい。

メールフォームからお問合せ頂ければお返事させて頂きます(^O^)