筋膜性疼痛症候群(MPS), トリガーポイント鍼・美容、筋膜リリース 群馬県前橋市 トリガーポイント治療院

問診票ダウンロード
鍼によるエコーガイド下筋膜リリース
ヨガ
講師活動
メディア掲載
営業日カレンダー
Calendar Loading

カテゴリ

  • カテゴリーなし
ミオラブ

トリガーポイントって??百聞は一見に如かず! - 治療院ブログ

トリガーポイント治療院の黒沢です。

当院の治療法は

「トリガーポイント鍼」

「筋膜リリース」

など聞きなれない言葉なので、

どういうことをされるのか、

どういう効果があるのか不安な方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は画像を交えて説明したいと思います。

痛み・シビレにお困りの方はぜひお読みください。

 

なかなか治らない痛み・シビレの原因は

筋膜を含む、Fascia(ファシア)という組織

にあるのではないかと言われています。

Fascia(ファシア)については後ほど説明しますね。

 

その原因となるポイントを「トリガーポイント」と呼んでいます。

そのトリガーポイントを探し出し、

適切な治療を行うことで、

「検査で異常はないといわれたが、数ヶ月以上続く痛み」や、

「病院を何ヶ所回っても治らない痛み」などが改善されることが少なくありません。

 

んじゃ、

「トリガーポイントって一体なんなの?」

と疑問に思われますよね。

 

 

トリガーポイントとは「過敏化した侵害受容器」のことで、

筋膜などFasciaの重積(癒着)部に存在する

のではないかと言われています(仮説の段階です)。

 

参照:小林只 他「筋筋膜性疼痛症候群の病態と形態学的特徴 エラストグラフィー超音波診断装置による検討 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会(2014年3月28日)

 

筋膜とは筋肉を包んでいる「膜」のこと。

隣り合う筋膜の膜同士が

運動不足や不良姿勢などで重積、癒着

するのではないかと推測されています。

そうして重積、癒着した筋膜は弾力性を失い、

痛み物質を発生させて痛みやシビレなどの症状を起こします。

さらに近年、筋膜だけではなく、腱・靭帯・血管周囲の膜なども

痛みの原因となることが分かってきており、

そういった組織の総称をFascia(ファシア)といいます。

Fascia(ファシア)にはまだ適切な日本語訳がなく、

英語表記となっています。

 

筋膜をはじめとする、Fascia(ファシア)の癒着を解消させる為に当院で行っているのが

「トリガーポイント鍼」や「筋膜リリース」なんです!

 

IMGP1472

トリガーポイント鍼で使う鍼は当然ですが、

ディスポーザブルで一人ひとり使い捨てです。

患者さんの体に合わせて、使う鍼を変えていきます。

鍼が苦手な方は遠慮無く言ってくださいね(^^)

 

 

 

IMGP1452IMGP1486MYOLUB(ミオラブ)という道具で筋膜の重積を治療します。

 

 

 

 

 

百聞は一見に如かずということで

エコーを使い鍼治療前後の比較をした

映像と画像をご覧ください。

 

まずは肩こり筋として有名な「僧帽筋」にミオラブを行い、

その前後でエコー画像を比較したものです。

 

 

僧帽筋(そうぼうきん)とはこの筋肉です。※右肩

ここをエコーを使い見ていきます。

 

myolubエコーショット

 

下図が治療前のエコー画像です。

赤丸のところが他の場所より白く太くなっていて、重積しています。

 

myolub施術前

 

そして僧帽筋のミオラブ後の画像です。

同じ場所を映していますが、赤丸の場所の白っぽい重なりがバラけています。

 

myolub施術後

 

次に、鍼をももの筋肉の重積(癒着)がある場所へ打った動画です。

画面の真ん中あたりに上下で動いているのが鍼先で、白く重なった場所を狙って打っています。

動画開始から25秒あたりで、白い膜がバラけるのが分かるでしょうか?

 

 

 

このように筋膜の重積(エコーでは太い白い線に見える)をバラけさせると、

痛みやシビレなどの症状が軽くなることが多いです。

 

痛み・シビレの原因=トリガーポイント=筋膜などFasciaの重積部(癒着)に多く存在

これを鍼やMYOLUB(ミオラブ)で解消する

 

当院の治療は簡単にいうとこんな感じです!

エコーを見ながら鍼を打つと、

白っぽいところに鍼があたるとず~んと響く感覚があります。

「悪いのはそこ!」と感じるところです。

この「ず~ん」響くような場所は

筋膜の重積(癒着)があることが多く、

異常なFasciaの可能性が高いところになります。